エイジレスビューティを目指す広尾マダムのブログ > > 老けて見える黒い日傘を使うメリットは本当にあるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老けて見える黒い日傘を使うメリットは本当にあるのか?


日焼けに気を使っている皆さんでしたら、当然日傘を使ってらっしゃいますよね。

紫外線吸収率が高いと考え、黒を使う方も多いと思います。

しかし、黒の日傘をさした自分のお顔を確認した事があります?

ほとんどの方、プラス5歳は老けます。

理由は単純です。

妙齢の女優さんは、明るい照明で少しでも若く見せようとしますよね。

黒の日傘は、逆で照明を落とす働きをするからです。

私は、薄い黄色の日傘です。

黒にするか迷っていたとき、販売員の方が、

「UV加工が施されていれば、黒も白も大差はありません」

とおっしゃったからです。 

今回、本当にそうなのかとネットで文献を探してみました。

東海大学総合科学技術研究所の佐々木政子さんという方が、

非常に詳しい紫外線に関する文献を発表してらっしゃったので、そちらを引用します。

「実際に黒い傘と白い傘の日射(300~3000nm)とUVB (280~315 nm)の防御効率を比較実験してみました。

図からわかるように、黒は確かに日射とUV-Bの防御効率が白より数%高く設定されます。

しかし、この程度の差では、黒と白の防御効果は同等と見なしてよいのです。 

重要なことは、白でも黒でもほとんど完璧に日射を防御するのに対して、

紫外線UV-Bは50%の防御効果だということです。波長の長い成分が90%強を占める日射は、

傘によってほぼ完全に防御できます。 

しかし、散乱性が高いUV-Bは日傘では完全にカットできないのです。
紫外線防御効率に黒と白の差はほとんどないこと、

さらに散乱性の高いUV-BやUV-Aの日傘や帽子による防御効率は50%であるという認識が必要です」

(絵とデータで読む太陽紫外線 佐々木政子著 p81-82)

文献全体を読みたいかたはコチラ↓

絵とデータで読む太陽紫外線 


黒と白の差はほとんどないことがわかりました。

だったら、少しでも美しく見える白系の日傘がいいですよね。

女性同士のお出かけのときは、黒でも(笑)、大事な方とのお出かけのときは、

魅力的に見える白の日傘がお勧めです。

せっかく、美人メイクでハイライト、自然なチークを入れても

照明で、残念なお顔になってしまいます。

努力を無駄にしないためにも、気をつけてくださいね。


ランキング参加しているので、お役に立つ情報のときポチっして頂くと嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Pick-up 2
ブックマーク
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。